生理前 イライラ

生理前のイライラについて書いています
NAVIMENU:HOME

女性の過度なダイエットは生理前のイライラを強く


女性の過度なダイエットは生理前のイライラを強くする
ルナリズムの口コミ

女性の生理前のイライラを強めてしまう原因に、過度なダイエットがあります。

これは過度な食事制限を行ったり、いきなり多くの運動量を増やしてしまうなどという行為を行ってしまうと、身体のホルモンのバランスが乱れてしまうからです。

体の調子が悪くなると、日常生活に支障が出るだけではなく、生理前のイライラも強めてしまうことになるのです。

食事の内容で大切なことは、最低限のカロリーを摂取することです。

特に大切なことは、かならず基礎代謝分のカロリーを摂取することです。

基礎代謝は生命活動を行うために、必要最低限摂取しなければならないカロリーです。

日々の食事において、一日の基礎代謝よりも摂取カロリーが少なくなってしまうと、筋肉の量が低下してしまい、また内臓の働きが悪くなってしまうのです。

また体脂肪の極端な低下も引き起こしてしまうことになります。

女性は男性に比べると、体に必要な体脂肪の量が多いのです。

これは脂肪細胞には、女性に必要なホルモンの分泌を促す働きがあるからです。

体に必要なホルモンの分泌を促すために脂肪が必要であり、これが少なくなってしまうと、バランスが乱れてしまうことになるのです。

これにより、精神状態が安定しなくなってしまうのです。

このように過度な食事制限が問題なのは、カロリーが少なくなってしまうからです。

必要最低限のビタミンやミネラルが摂取されていたとしても、カロリーだけが極端に不足しているのならば、体に害を与えてしまうことになるのです。

なのでダイエットを行っている場合においても、基礎代謝分のカロリーの摂取が、心の安定に必要となるのです。

ダイエットの為にいきなり多くの運動を行うことも、精神状態を乱してしまう要因になります。

本来運動は、不必要なカロリーを消費したり、また筋肉をつけ、日々の活動量を向上させることに役に立ちます。

しかし、度が過ぎてしまうと、逆効果を生み出してしまうことになるのです。

運動が問題となるのは、体が回復しないうちに、さらに運動をし続けてしまうことです。

体が慣れていない段階において、高強度な運動を毎日行ってしまうと、体が疲弊してしまうことになります。

これにより、コルチゾルと呼ばれるホルモンが多く分泌されてしまい、脳細胞を傷つけてしまい、肉体だけでなく精神にも悪影響を与えてしまうことになるのです。

運動をすることは大切ですが、ダイエットのために短期間で高強度な運動を連続して行うことは好ましくないのです。



生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、

メニュー


© 2015 生理前のイライラ対策010 All Rights Reserved.